リスクマネジメント

SHARE

in

リスクマネジメント体制

LIXILおよびグループ会社は、業務の適正性・効率性、財務報告の信頼性を確保するため、内部統制システムを構築・運営・評価し、企業価値の向上に努めています。また、グループ全体でリスクを意識した業務管理体制を強化し、コンプライアンス経営を重視する企業グループとして、法令等に適合した様々な仕組みを構築しています。

エンタープライズリスクマネジメント(ERM)

当社グループでは、グループ全体でのERMの構築・運用を通じて、事業の継続と安定的発展を図っています。また、ERMの中でも事象の発生時に即時対応が求められるリスクについては、クライシスマネジメントとして管理しています。

リスクマネジメント(RM)

起業家精神を育むべく、リーダーたちが経営目標の達成に影響を及ぼすリスクを識別し、リスク対応の責任を担うリスクオーナーとなり、リスクやその対応状況を影響度や発生可能性の観点から評価し、共有・報告・対応することでリスクを管理する体制を推進しています。リスクを戦略リスクとオペレーショナルリスクに大別し、戦略リスクについては経営方針、事業戦略やコーポレート・レスポンシビリティ戦略など中長期な視点やステークホルダーの視点などを幅広く捉えたフレームワークとなるよう、各関係部門との連携を図っています。オペレーショナルリスクについては自律的なリスクマネジメントを推進しており、各組織や地域で定期的にまたは必要に応じてリスク会議体やアジェンダを設け協議・対応し、その内容を本社に報告する仕組みを構築しています。

様々なリスクに対応できるよう、トップダウンとボトムアップの両方向のアプローチを取り、また、主要な地域ごとにリスク担当者を配置することにより、本社・地域・事業現場の円滑な連携を図っています。こうした一連の活動を通じて、LIXILの役員・従業員のリスク感度を向上させ、リスクを可視化し適時適切なリスクテイクや回避判断を戦略実行の一環として行うERMの構築・運用に努めるとともに、当社グループの重要リスクと対応策を社内外に開示しています。

クライシスマネジメント(CM)

当社グループ全社を対象とする危機管理体制を確立しています。危機事象が発生した際の迅速な初動対応とエスカレーションを可能とするため危機管理に関する規程やハンドブックを展開し、本社、事業部門、現場といった階層での対策本部をいつでも起動できる体制を整えています。また、平時のリスクマネジメントの体制に加え、IAT (Issue Assessment Team)を設置し、被害状況等が適時に経営層に伝わる仕組みを整えることで、本社危機管理対策本部における迅速な意思決定を促します。

当社グループではサイバーセキュリティの重要性を理解し、サイバー攻撃などによる被害を最小化するためにLIXIL-CSIRT(LIXIL Computer Security Incident Response Team)を設置し、運用しています。コンピュータやネットワークを常時監視することで問題を早期発見し、発生時の影響分析や原因解析を行うことにより、迅速な対応に努めています。

危機管理フロー(概略)

リスク管理体制図

LIXILではサイバーセキュリティの重要性を理解し、サイバー攻撃などによる被害を最小化するためにLIXIL-CSIRT(LIXIL Computer Security Incident Response Team)を設立、運用しています。コンピュータやネットワークを常時監視することで問題の早期発見をし、発生時の影響分析や原因解析を行って迅速な対応に努めています。

情報セキュリティ

LIXIL情報セキュリティ方針
LIXIL情報セキュリティ方針は、LIXILが、情報に対する適切な管理を重要な経営課題として認識し、情報セキュリティを確保するために、情報セキュリティに関する基本方針を定めたものです。
マネジメント体制
LIXILは、保有する全ての情報資産の保護および適切な管理を行うため、情報セキュリティ管理状況の把握と、リスク分析に応じて必要なセキュリティ対策を迅速に実施できる体制を維持しています。
また、万が一、問題が発生した場合には被害を最小限にとどめるとともに、問題の原因を突き止めたうえで再発防止と改善を行う体制を整えています。
情報セキュリティ委員会組織図
情報セキュリティ委員会組織図
LIXILでは、情報セキュリティに関する基本的事項を決議する機関として、情報セキュリティ委員会を設置しています。
CDOを委員長とし、各事業部門管掌役員及びCEO直轄部門の部門長で構成されており、情報セキュリティ対応方針の決定及び承認、セキュリティ対策状況の報告を定期的に実施しています。
内部規程の整備
LIXILは、情報セキュリティに関する社内規程を整備し、情報資産の保護及び適切な管理を行うために必要な方針を社内に周知徹底しています。
情報セキュリティ対策
LIXILは、情報資産に係る不正アクセス・破壊・情報漏えい・改竄などの事故を未然に防止するために必要なセキュリティ対策を実施しています。
情報セキュリティ教育
LIXILは、全従業員に対して、情報セキュリティリテラシー向上を図るとともに、情報資産の適切な取り扱い及び管理を実現するための教育を実施しています。
継続的改善の実施
LIXILは、以上の取り組みを定期的に評価し、また見直すことにより、情報セキュリティマネジメントの継続的な改善を実施しています。

知的財産マネジメント

LIXILの知的財産マネジメント方針と体制

LIXILでは、知的財産のマネジメント体制を海外グループ会社にまで拡大し、LIXIL全体での知的財産の創出価値の最大化とリスクの最小化を図ることを目的として、グローバル知財マネジメント方針を定めています。

知的財産の適切な保護・活用を通じて、競合の模倣からR&Dの成果を守るという差別化と、競合からの知財リスクの低減化を目指しています。さらに、必要に応じてビジネスパートナーにLIXILの所有する知的財産を提供することにより、顧客付加価値の高い市場を形成し、かつ、パートナーとの強固な関係を形成することも、知財活用の狙いとしています。各テクノロジービジネスの事業戦略、及び、グループ全体で得られるシナジーと長期的事業戦略を考慮して、LIXIL全体で保有する知的財産ポートフォリオを、グループ一体となって構築、維持、活用していきます。

本社知的財産部門及び海外のグループ会社に所属する知的財産担当者と、各テクノロジービジネスの開発部門と本社及び主要海外グループ会社の研究部門の担当者が、年に数回の定例会や日々の業務を通じて連携し、LIXIL全体での知的財産のマネジメントと戦略的な活用に取り組んでいます。

知的財産の権利化推進と侵害防止

LIXILでは、製品差別化と競争優位確保のため、質の高い知的財産の保護を進めています。開発部門から生まれた発明及び意匠については、先行技術の有無を調査し、事業上の特許・意匠出願の価値を判断した上で、権利化するかどうかを決定します。

一方、事業推進の過程で第三者の知的財産権の侵害が発生してしまうと、販売差止めや損害賠償請求などの訴訟リスクにつながります。このようなリスクを未然に防止するため、事業開始にあたっては、第三者の知的財産権を調査・点検することを徹底しています。

これらの活動を適切に進めていくため、知的財産にかかわる関係者の知識・スキル向上にも積極的に取り組んでいます。マネジメント層及び新入社員向けの知財教育も実施しています。

SHARE

in
PageTop