コンプライアンス

SHARE

in

考え方と推進体制

LIXILグループでは、2015年4月にグループとして共通のコンプライアンスポリシーと倫理規範を「LIXILグループ行動指針」にまとめました。全世界のLIXILグループ従業員・役員が守るべき指針として、周知・浸透に取り組んでいます。

また、公正な事業活動の推進とコンプライアンス文化の定着を目的にChief Legal Officerを委員長とするコンプライアンス委員会を設置し、グループ各社に対する体制構築や運営管理の指導、法令等遵守などの実施状況のモニタリングやコンプライアンス・プログラムの点検等を行っています。

今後は行動指針を具体化したポリシーおよびガイドラインを策定し、従業員への浸透と定期的な見直しを行っていくことで、より実効性の高い仕組みをグループ全体で整備していきます。

コンプライアンス教育

LIXILグループでは、従業員一人ひとりのコンプライアンスへの理解を高めるため、LIXILグループ行動指針を19言語に翻訳し、イントラネットに掲示するとともに、冊子を全従業員に配布しています。
また、行動指針の理解を深める研修を実施し、毎年、全従業員が遵守の誓約をしています。そのほかに、日々の業務において直面しうる事態に対しての対処方法を示したケーススタディを作成し、イントラネット上で共有するなどの取り組みを行っています。

懸念報告(内部通報)に関する制度

LIXILグループでは、守秘・報復禁止および懸念報告の手続きを明示したグローバルポリシーに基づき、海外子会社を含めたグループ全体を対象とした懸念報告(内部通報)制度を設けています。この制度は、コンプライアンス違反に関する情報を収集し、不正・違反行為の未然防止や早期対処を目的としています。

世界中の従業員が同制度を活用することができるよう15言語に対応した社外のオンラインシステムを導入しています。さらに、日本においては、経営者やコンプライアンス責任者に直接通報ができるプロセスを構築するとともに、グループ各社のニーズに応じて、社外弁護士を窓口とした通報体制も整備しています。

いずれの通報ルートでも、報告された内容の守秘を徹底するとともに、匿名での問題提起を可能にするなど、通報者が不利益な扱いを受けることのないよう、適正に対応しています。

取引先からのコンプライアンス情報の受付

LIXILグループでは、企業活動を通して、広く社会に信頼される企業でありたいと考えています。
そのために、資材購入先や業務委託先などの取引先からLIXILグループのコンプライアンス違反に関する情報提供を受け付けています。日本においては、社外の法律事務所を通じた窓口を設けており、海外からはLIXILコンプライアンスホットライン―Speak Up!を通じて情報提供いただくことで、違反には適正に対処し、再発防止に努めています。

SHARE

in
PageTop