経営の基本的方向性

SHARE

in

LIXILでは、企業としての存在意義(LIXIL Purpose)である「世界中の誰もが願う、豊かで快適な住まいの実現」を果たすため、高い競争力を持ち、持続的な成長ができる、より機動的で起業家精神にあふれた企業となるための取り組みを続けています。

この達成に向けて、ガバナンス体制の強化や成長を加速させ、財務体質を強化するための事業ポートフォリオの最適化、基幹事業における生産性と効率性を高め、シナジーを創出するための積極的な取り組みなど、事業の変革を推進しています。

(成長のための体質改善)

  • 収益性の向上
  • 財務体質の強化

中期目標指標

  • 事業利益率7.5%の達成
    利益ある持続的成長が可能な経営への変革

  • ネット有利子負債EBITDA倍率3.5倍以下
    中長期的な成長を支える安定的な基盤固め

LIXIL Playbook

2017年公表の中期計画は、長期的に持続可能な成長の実現に向けて、全社一丸となって取り組む行動計画を示しています。

中期計画の4つの柱

01

持続的成長に向けた組織を作る

02

魅力ある差別化された製品の開発

03

競争力あるコストの実現

04

エンドユーザー、インフルエンサーへのマーケティング

2017年公表の中期計画についての詳細はこちら

これまでの進捗を踏まえ、中期計画で示した方向性の延長線上にある新たな経営の方向性として、「LIXIL Playbook」を策定しました。LIXIL Playbookは、LIXILの持続的成長に向けて、以下の4つの優先課題に加え、従業員がその能力を存分に発揮できる環境の整備を、戦略実行を支える基盤として明確化しています。

組織の簡素化と基幹事業への集中

LIXILが将来にわたって成長を続けていくには、市場ニーズに迅速に対応できる無駄のない、効率的な組織の構築が不可欠です。このため、基幹事業以外の事業からの撤退や組織の簡素化を進めるとともに、成長機会を捉えるための基幹事業の最適化に取り組んでいます。

組織の簡素化と基幹事業への集中

日本事業の収益性改善

海外での事業機会を捉え、成長につなげていく上で、国内事業は財務面でそれを支える重要な役割を担います。日本の人口は減少傾向にあるものの、国内事業は高い収益性を実現できると考えています。

日本事業の収益性改善

ウォーター事業における海外事業の成長促進

American Standard、GROHE、INAX等のトップブランドを主要市場で展開するLIXIL Internationalは、海外事業の成長を実現すべく、強固な基盤を確立し、新規市場の開拓、社内シナジーの向上や商品ラインナップの拡充に注力しています。

ウォーター事業における海外事業の成長促進

イノベーションによる長期的な成長基盤の確立

LIXILでは、保有するリソースを投入して、変化するグローバル市場への対応に取り組んでいます。経営陣は、「スリーボックス」と呼ばれる手法を導入して、将来性のあるイノベーションと現在有効なイノベーションの両方の創出に注力しています。この一環として、長期的な成長の実現に向けて、どのように事業を変革すべきかを議論するため、全社にイノベーションに関する共通言語を浸透させています。

イノベーションによる長期的な成長基盤の確立

従業員が能力を発揮できる体制を整え、戦略の実行を通じた、価値創造の実現

従業員はLIXILの事業活動の原動力であり、組織変革を推進していくのも従業員の力によるものです。全社において、従業員を変革の担い手に変えていくための様々な施策を講じています。

従業員が能力を発揮できる体制を整え、戦略の実行を通じた、価値創造の実現

特集

グローバル人材戦略

LIXILでは従業員が自分の仕事に誇りを持ち、革新的な取り組みができるように、より風通しが良く、よりインクルーシブな組織づくりを推進しています。

グローバル人材戦略

デジタルトランスフォーメーション

LIXILが進めてきたデジタル化は、当社の事業を変革し、消費者の新たなニーズに応え、生産性や従業員エンゲージメントを向上させてきました。デジタル化は単なるツールではなく、LIXILの変革において、中心的役割を果たします。

デジタルトランスフォーメーション

SHARE

in
PageTop