MAKE A SPLASH! TOILETS FOR ALL

MAKE A SPLASH! TOILETS FOR ALL

LIXILとユニセフ(国際連合児童基金)は、衛生問題に取り組むための革新的なグローバルパートナーシップの締結を発表しました。私たちは、2021年までに、世界で2億5千万人の衛生環境の改善に向けて、貢献していきます。
世界では、今でも約3人に1人が安全で衛生的なトイレのない生活を送っています。

排泄物を安全に処理できないトイレは、病気が蔓延する原因となります。不衛生な水や排泄環境が引き起こす下痢性疾患等により、世界では毎日約800人の子どもたちの命が奪われています。

私たちはこのパートナーシップを通して、安全な衛生環境を確実に提供していきます。シンプルかつ適切に設計されたトイレは、子どもの健康を守り、病気の感染拡大を予防し、尊厳とともに暮らせる社会をつくり、子どもたちの学校中退のリスクを下げるなど、人びとの生活を大きく改善することができるからです。

Toilets for Al

課題

「不衛生な水と劣悪な衛生環境による下痢性疾患で、1日におよそ800人の子どもが亡くなっています。このLIXILとの革新的なパートナーシップによって、世界中の子どもたちへ健康で活動的な毎日を届けたいと願っています。」 ―ユニセフ事務局長 ヘンリエッタ・フォア

世界の
衛生環境に
おける課題

世界の衛生環境における課題

世界には衛生環境が極めて劣悪な地域が多くあります。現在、23億人(3人に1人)が、安全で適切なトイレを利用できません。そのうち、8億9,200万もの人々が、地域の風習や他に選択肢がないという理由で屋外排泄を行っており、その結果、水源が汚染されたり、女性は暴力や嫌がらせの危険にさらされたりしています。

「多くの国々で、衛生問題が人びとの健康に破壊的なダメージを与え、子どもたちの未来を奪う結果となっています。学校にトイレがないために、やむなく学校を中退する子どもたちがたくさんいます。」 ―LIXIL社長兼CEO 瀬戸欣哉

子どもたち

子どもたち

汚れた水と不衛生な環境は、下痢性疾患を繰り返し発症させる原因となります。これにより、毎年約29万人もの子どもたちが命を落としています。子どもたちの栄養失調の50パーセント、発育阻害の約25パーセントは、下痢と腸の寄生虫感染症と関連しており、大人になってからも、身体的、精神的な影響が残ってしまうことが多くあります。適切な衛生環境のない学校では、特に生理期間中の女子生徒への影響が大きく、多くの女児が中退を余儀なくされています。

予防可能な下痢性疾患により、2分毎に1人の子どもが命を落としています。

損失

損失

2015年には、不衛生な環境とそれに関連する問題により、GDPの5パーセント相当もの経済損失が発生している国がありました。地域別に見てみると、アジア太平洋地域が最大で1.1パーセント、アフリカが 0.9パーセント、中南米が 0.6パーセント、東欧、旧ソ連、中東が 0.4パーセントの損失を計上しています。

2015年には、不衛生な環境が世界に2,230億USドルの経済損失を与えました。

パートナーシップ

LIXILとユニセフは、世界規模の衛生課題に対して新しいアプローチで取り組む、革新的なグローバルパートナーシップを締結しました。この目標達成のため、LIXILとユニセフは一丸となって、適切なトイレ製品を取り扱う新たな市場の開拓に取り組んでいきます。世界が合意した「持続可能な開発目標(SDGs)」のターゲット6.2「すべての人々の、適切かつ平等な下水施設・衛生施設へのアクセスを達成し、野外での排泄をなくす。女性及び女児、ならびに脆弱な立場にある人々のニーズに特に注意を払う。」の実現に向け、私たちは重要な役割を担うことができると信じています。

LIXIL

ユニセフ

LIXILとユニセフ

グローバル規模での公衆衛生活動の一端として、
2021年までに2億5千万人の安全な衛生環境へのアクセスの向上を目指しています。

各分野のリーダーであるLIXILとユニセフがパートナーシップを組み、マーケット主導型のアプローチが、グローバルな衛生課題の解決に大きなインパクトを与えられることを示していきます。ユニセフの水と衛生部門(WASH)は、世界の辺境の地や最貧地域を含む100を越える国々で公衆衛生を改善するための活動を行っています。

LIXILは水まわりと住宅製品を扱う先進的なメーカーで、開発途上国向けに革新的でありながら手頃な価格でソリューションを提供するSATOトイレシステムの開発者です。

また、このパートナーシップを通して、「安全で衛生的なトイレに誰もがアクセスできること」を実現する過程には、ビジネス・チャンスの多い市場であることを示していきます。例えば、トイレをはじめとする衛生設備の需要を作り出すこと、それらの供給体制を改善すること、資金調達の機会を支援することなど、さまざまなビジネス上の好機があると考えます。

私たちは、コミュニティや家族、そしてすべての子どものより良い未来のために、より多くのプレイヤーに対して、この市場への参入を奨励します。

はじめの一歩

はじめの一歩

やるべきことは沢山あります。LIXILとユニセフは、はじめの一歩として、まず下記の活動を開始します。

  • - エチオピア、タンザニア、そしてケニアを皮切りに、アフリカとアジアで、衛生市場を確立し、必要とする人々へ手頃な価格で衛生製品が提供されるよう市場主導のプログラムを開始
  • - 衛生市場が確立することによって、開発の機会が大幅に増えることを多くの人へ認知させるための共同アドボカシー活動を実施。

Get To Know More About Us

ユニセフは特定の企業やブランド、製品、サービスを推奨するものではありません

SHARE

in
PageTop