人権の尊重

SHARE

in

バリューチェーン全体の人権を尊重し、社会とともに持続可能な企業を目指します。

アクションプラン KPI 2016年度目標 2017年度目標
「LIXILグループ人権方針」の策定 &グループ全社員への浸透をする
  • グループ全体の人権方針教育の実施カバー率
  • グループ全体 カバー率100%
  • グループ全体 カバー率100%
人権デューデリジェンスの仕組みを策定する (2017年度に決定) -
  • グループ全社、サプライヤー含むビジネスパートナーの人権デューデリジェンスの実施計画を策定する

人権尊重に向けた取り組み

LIXILグループは、お客さま、取引先などのサプライヤー、工場や事業所周辺の地域住民の皆さま、全従業員など、すべてのステークホルダーの人権に配慮した事業活動を推進しています。2016年3月には「LIXILグループ人権方針」を制定し、ウェブサイトで公開しました。この方針は、「国際人権章典」および国際労働機関(ILO)の「労働の基本原則および権利に関する宣言」や「ビジネスと人権に関する指導原則」をはじめとする国際規範に依拠しています。また、国際的に認められた人権水準と各国や各地域の法令の間に差異がある場合、LIXILグループは、より高い水準を遵守します。

今後は、全従業員に対して「LIXILグループ人権方針」の浸透を図っていきます。また、グローバル企業として人権デューデリジェンス*を強化・徹底し、透明性のある報告を行っていきます。

* 人権デューデリジェンス: 自社、および自社と関係を有する他社の活動が及ぼす人権への負の影響を特定し、防止・軽減・対処などの措置を講じて、その効果を継続的に検証すること。

SHARE

in
PageTop