サプライチェーンマネジメント

SHARE

in

調達段階におけるリスクを特定し、取引先との協働を通じて、製品の安定供給と責任ある調達を推進します

考え方・体制

LIXILは、国連グローバル・コンパクトの人権、労働、環境、腐敗防止の4分野・10原則を踏まえ、「調達方針」および「調達先に関するコンプライアンスポリシー」に則り、世界中の取引先との健全なパートナーシップのもと、調達活動を行っています。また、「LIXIL行動指針」で、贈収賄禁止などの倫理的行動を定め、LIXILの全構成員に遵守を求めています。

一方、取引先に対しては2018 年3月期に定めた「調達先行動指針」で、人権の尊重、国際的な労働基準の遵守、環境保護や公正な事業活動などを求め、同時に、取引先のサプライヤーに対して同等の基準を要求するよう依頼しています。

環境や労働安全を重視した責任ある調達促進のために

LIXILは、責任ある調達を徹底しています。

新規取引先の選定

取引先の選定に用いる「取引評価基準」では、品質、コスト、納期や技術力、安定供給能力に加え、持続可能な資源利用や化学物質の管理といった環境、人権、労働安全等の項目を設けています。新たな取引先には、調達先行動指針の理解を求めています。取引先選定後は調達品についても評価を行っています。

(株)LIXILでは、新規取引先に対してコンプライアンスを確認するための書類を配布し、労務管理、安全衛生、贈収賄の防止などについて回答を受けて、状況をチェックしています。

また、地球環境への負荷が低い部品・原材料を調達するための方針、基準を示した「グリーン調達ガイドライン」を制定し、当社の環境活動およびガイドラインに沿った調達活動の理解・協力をお願いしています。

(株)LIXILが求めるグリーン調達活動への取り組み

① 環境マネジメントシステムの構築
② 環境コンプライアンスの遵守
③ 化学物質管理の徹底
④ 温室効果ガス排出量の削減
⑤ 水資源の保全
⑥ 資源循環の推進
⑦ 生物多様性の保全

グリーン調達ガイドライン(別画面が開きます)PDF:530KB >

既存取引先の状況チェック

既存の取引先についても取り組み状況の定期的な確認を行っています。

LIXILでは重要なサプライヤーを以下のフローで特定し、調達方針の共有やアンケート調査および改善に向けたフォローを優先的に行っています。

(株)LIXILのサプライヤーは購入金額ベースで日本が約9 割を占め、海外は中国、オーストリア、タイの順となっています。日本国内では取引規模の大きいサプライヤー向けの年次集会にて、責任ある調達方針の説明やグリーン調達活動及びアンケート調査への協力依頼を行っています。

重要なサプライヤーの特定フロー

重要なサプライヤーの特定フロー

国別購入金額比例

国別購入金額比例

責任ある調達アンケートの実施とフォロー

LIXILは、サプライチェーンにおけるリスクを特定するために責任ある調達アンケートの実施とフォローに取り組んでいます。アンケートの結果は、調達先の選定や取引継続の判断材料のひとつとしています。

具体的なプロセスは以下の通りになります。

① 前年の取引金額等を考慮し、調査対象の調達先を選定

② 選定した調達先に「CSR経営」「公正な事業」「人権」「労働」「安全・衛生」「地球環境保全」「地域貢献」の分野で構成された「責任ある調達アンケート」を実施

③ アンケートの結果を集計し、評価項目適合率が基準に満たない調達先を「高リスク調達先」として特定

④ 「高リスク調達先」は、改善対象として個別に管理

プロセスを通じて特定された高リスク調達先は、調達先事業所訪問などの改善指導を個別に行っており、サプライチェーンマネジメント戦略の優先課題である「持続可能なパートナーシップの推進」と「サプライヤーの体質強化」の達成に貢献しています。

(株)LIXILでは、2019 年3月期に責任ある調達アンケートを見直しました。47設問からなる新しいアンケートは、前期に改定した「調達先行動指針」との関連性を高めてより分かりやすいものとしており、同時に、回答をオンライン化しています。これにより、取引先、LIXIL 調達部門双方にとっての負担が軽減され、発見された課題の改善に注力できるようになりました。2020 年3月期の適合率低下は、国内調査対象範囲の拡大によるものです。改善指導を通じ、向上に努めていきます。

またGROHEも、同様の仕組みでリスク特定と改善に取り組んでいます。

責任ある調達アンケート結果

責任ある調達アンケート結果

SHARE

in
PageTop