品質と製品安全

SHARE

in

品質マネジメントシステムの継続的改善により、重大製品事故ゼロを目指し、最高品質のものづくり・サービスによりお客さまとのつながりを維持・強化していきます

考え方

LIXILは、お客さまや社会からの信頼の源泉は「品質」であるという考えのもと、「LIXIL品質方針」を14言語で展開し、世界各国において常に最高品質のものづくり・サービスを追求しています。特に、重大な品質問題はお客さまに不安を与え、信頼の低下につながることから、「株式会社LIXIL製品安全行動指針」に基づき、法規制への適合性の確認を含む品質マネジメント活動を推進しています。

品質マネジメントシステムの継続的改善を進めるとともに、製品の安全な取扱方法の発信にも努めていきます。

体制

(株)LIXILでは社長直属のtechnology部門に品質保証統括部を設置し、全社的な品質マネジメントシステムの展開と品質課題の解決に取り組んでいます。LIXILはLIXIL internationalとして品質責任者を設置し、日本国外の品質管理を統括しています。

2つのテクノロジーカンパニーには開発、製造、営業といった主要機能を統合し、各事業で最適の品質を追求します。各カンパニーにはCQO(チーフ・クオリティー・オフィサー)を設置し、そのもとで品質部門が個々の製品やアフターの品質保証と課題の解決を進めています。また、日本の販売・サービス部門はfunction部門として個別に品質マネジメントシステムを管理し、顧客サービス品質を追求します。

半期ごとにCQOを含む関連メンバーが集まって「全社品質管理委員会」を開催し、定期的にマネジメントレビューを行っています。

ライフサイクル全体での品質向上

(株)LIXILでは、お客さまの安全を確保するため、製品の開発段階から、設計、調達、製造、流通、販売後のサポートまで、すべての製品についてライフサイクル全体で品質向上に取り組んでいます。

ライフサイクル全体での品質向上のためのフロー図

最高品質のものづくりを追求するための風土づくり

LIXILでは従来の「品質月間」だけでなく、一年を通じて品質向上のための風土づくりに取り組んでいます。また、グループ全従業員対象の調査で品質に対する意識を測定し、さらなる向上に向けたプロセスを開始しました。

日常的な啓発の活性化と「品質フォーラム」での共有

年間を通じた啓発活動の一環として、2019年3月期から社内SNSを利用しています。品質方針やCEOメッセージの掲載に加え、事例共有が活発に行われ、各部署での品質向上の取り組みに活かされています。

毎年11月に開催する品質フォーラムでは、LIXILの国内外全グループ会社から選抜された優秀な改善活動を表彰し、取り組みを共有しています。2020 年3月期はSNSを活用しグローバルへ動画配信を実施し、約500人の同時視聴、約1,800人の再生視聴カウントを記録しました。

品質向上に関する社内啓発ポスター

全従業員対象の意識調査とアクションプラン

2020年3月期に初めて行ったのが、国内全グループ会社全従業員を対象とする品質意識調査です。設計や製造だけでなく、営業やコーポレート部門などすべての部署を対象とし、従業員の品質に対する認識を把握しました。結果を踏まえ、部署ごとにアクションプランを策定しています。今後は調査を毎年実施し、取り組みの成果を確認していきます。

品質意識調査の結果(イメージ図)

重大製品事故発生時の対応

(株)LIXILの国内においては、製品事故が発生した際、情報入手から24時間以内に品質部門に情報を集約し、関連部門に緊急連絡を発信する体制を整備しています。リスクの影響度が甚大な製品事故については特に迅速に対応できるよう、窓口部門から経営に直接報告を行います。さらに、担当窓口が関連部門との連携で現場対応を行い、事故調査等を実施します。行政機関に対しては、10日以内に「消費生活用製品安全法に基づく製品事故情報報告・公表制度」に従い報告を行っています。また、事故原因の設計への反映や、未然防止に向けた安全技術の開発により、再発防止に取り組んでいます。

法規制違反が疑われる事象に対しては、技術等専門部門が抵触の有無の確認と所轄官庁への届け出を行います。製品事故と同様、原因の究明と対策の実施により、再発防止に取り組みます。

事故発生直後から発生後までの事故対応の流れ

事故発生直後から発生後までの事故対応の流れ

SHARE

in
PageTop