推進体制

SHARE

in

LIXILでは、2015年4月の新規テクノロジー事業体制の導入による組織改編に伴い、「CR委員会」を設置しました。CR委員会は四半期に一度開催され、経済・環境・社会分野におけるサステナビリティ課題への、より迅速な対応を目指しています。2020年3月期は、新CR戦略や人権の重要分野、TCFDへの対応などについて議論・決定を行いました。

迅速かつ適切な対応を行うためには、経営層のリーダーシップに加え、テクノロジー事業との連携が不可欠です。そのため、CR委員会は人事、法務、広報・IR・渉外・CR、 財務、品質、環境、研究開発、マーケティングなどの本社機能部門の各担当役員と、各テクノロジー事業の代表者により構成されています。

CR委員会での討議・審議結果は、CR担当執行役員よりLIXIL取締役、LIXIL執行役に迅速に報告され、必要なものについては決議がなされます。また、CR委員会での決定事項は、推進責任者である各役員が担当部門にすぐに指示・伝達することで、迅速に具体的な取り組みへと展開されます。

推進体制図

2020年3月31日現在

SHARE

in
PageTop