ステークホルダーエンゲージメント

SHARE

in

LIXILグループは、ステークホルダーとの積極的かつ能動的なエンゲージメントを通じて、生活の質の向上や社会課題の解決に貢献します。

アクションプラン 社外有識者とのトップダイアログの定期的な開催と開示
KPI グループ全体のダイアログ開催件数(件)、内容

目標/実績OPEN or CLOSE

  • 2018年3月期 目標

  • ・トップダイアログを年1回以上開催する体制を確立する

    ・トップダイアログの内容を取締役に共有する

    ・トップダイアログの内容を開示する

  • 2018年3月期 実績

  • ・サステナビリティに関する有識者を招き、トップダイアログを開催

    ・SDGsに関するワークショップを開催し、執行役員レベルでの意見交換を実施

アクションプラン ステークホルダーエンゲージメントの定期的な開催と開示
KPI グループ全体のダイアログ開催件数(件)、内容

目標/実績OPEN or CLOSE

  • 2018年3月期 目標

  • ・ステークホルダーごと(株主、従業員、ビジネスパートナー、地域住民、エンドユーザー、サプライヤーなど)にエンゲージメント活動を年1回以上開催する

    ・エンゲージメント活動と、その結果発生した取り組みを社内外に向けて情報開示する体制を確立する

  • 2018年3月期 実績

  • ・各ステークホルダーと1回以上エンゲージメントを実施

    ・エンゲージメント活動について社内外に情報開示するためのウェブページを作成し、情報を拡充

考え方

LIXILグループの事業活動は、多くのステークホルダーに支えられています。お客さま、取引先などのビジネスパートナー、事業拠点の地域社会に暮らす方々、株主・投資家、従業員やその家族たちといったあらゆるステークホルダーに対して、主体的に働きかけ、対話を行うことで、社会からの声を活かした事業や社会貢献活動を行っています。

ステークホルダーとの関わり

ステークホルダー エンゲージメントの方法
お客さま
取引先
地域社会
株主・投資家
従業員
NPO・NGO、大学 NPO・NGO、大学とのパートナーシップのもと、グローバルな衛生課題の研究やソリューションの開発、次世代に向けた環境教育の支援を行っています。
行政、業界団体 企業が、健全な距離を保ちつつ政府や自治体と活発な議論を行うことは、持続可能な社会をつくるうえで重要なことであると考えています。その一環として、LIXILは、行政との対話や協働に取り組む様々な団体(サッシ、配管、金属などの業界団体や、各種経済系団体)に参加しています。また、参加することにより、事業に関連する法律や国際協定などについての最新情報の収集などを行っています。
(政治献金額(2015-2017年3月期):年間100万円以下;(2018年3月期):年間110万円以下)(業界団体費など支出額:2015年3月期26.4百万円、2016年3月期29.5百万円、2017年3月期55百万円、2018年3月期97.6百万円)

※ ASD Americas Holding Corp.(アメリカンスタンダード)やGROHE Group S.a r.l(グローエ)の子会社化などにより、集計上はアメリカンスタンダード は2015年度3月期から、グローエは2017年3月期から対象

SHARE

in
PageTop