コミュニティ

SHARE

in
アクションプラン 社外有識者とのトップダイアログの定期的な開催と開示
KPI グループ全体のダイアログ開催件数(件)、内容

目標/実績OPEN or CLOSE

  • 2018年3月期 目標

  • ・トップダイアログを年1回以上開催する体制を確立する

    ・トップダイアログの内容を取締役に共有する

    ・トップダイアログの内容を開示する

  • 2018年3月期 実績

  • ・サステナビリティに関する有識者を招き、トップダイアログを開催

    ・SDGsに関するワークショップを開催し、執行役員レベルでの意見交換を実施

アクションプラン ステークホルダーエンゲージメントの定期的な開催と開示
KPI グループ全体のダイアログ開催件数(件)、内容

目標/実績OPEN or CLOSE

  • 2018年3月期 目標

  • ・ステークホルダーごと(株主、従業員、ビジネスパートナー、地域住民、エンドユーザー、サプライヤーなど)にエンゲージメント活動を年1回以上開催する

    ・エンゲージメント活動と、その結果発生した取り組みを社内外に向けて情報開示する体制を確立する

  • 2018年3月期 実績

  • ・各ステークホルダーと1回以上エンゲージメントを実施

    ・エンゲージメント活動について社内外に情報開示するためのウェブページを作成し、情報を拡充

考え方

LIXILグループでは、衛生課題の解決、水の保全と環境保護、多様性の尊重といった優先分野に関わる取り組みや、自社の専門性を活かした分野での社会貢献活動に注力しています。高額寄付・協賛についてはCEOを委員とする「寄付行為およびコンサルティング等審査委員会」で審議を行い、LIXILの資産を適切かつ効果的に社会に還元できるよう努めています。

社会貢献支出額

2016年 3月期
(百万円)
2017年 3月期
(百万円)
2018年 3月期
(百万円)
チャリティ・寄付 130.6 122.8 45.5
地域コミュニティへの投資 856.8 880.8 658.2
事業関連の社会貢献活動 600.0 600.6 510.0

対象範囲:(株)LIXILグループ(非連結)及び、(株)LIXIL(非連結)とその子会社(GROHE及びアメリカンスタンダード)
※ 分類はLondon Benchmarking Group Guidance Manualに準拠

LIXILコミュニティ・デー

所属先や地域を問わず、世界各国の役員と従業員が勤務時間内でLIXILグループのコーポレート・レスポンシビリティ戦略の3つの優先取り組み分野をテーマに社会貢献活動を行う「LIXILコミュニティ・デー」を2017年に開始しました。
初年度は、世界15カ国で約3,500名の従業員が活動に参加。計8,625時間をかけて、学校やホームレスシェルターの衛生設備の整備、街のバリアフリーマップの更新、地域の節水を目的とした配管トレーニングの提供など、70件の多様なプロジェクトを展開し、16,000人以上の方々にポジティブな影響を与えることができました。

地域との対話 工場や営業拠点、店舗でのコミュニティ・ダイアログ

国内の工場や営業拠点、店舗では、地域の様々なステークホルダーの方々(地域自治体、町内会、学校関係者、NPO、地元企業など)に参加いただき、協働や交流、地域貢献をテーマに対話するコミュニティ・ダイアログを行っています。 2018年3月期は、11拠点で開催し、90人以上が参加し、過去6年間での延べ開催回数は約110回以上にのぼります。

ダイアログの様子(北海道支社 道北支店 北見営業所)

ダイアログの様子(北海道支社 道北支店 北見営業所)

多様な連携先との協働(一例)

国連児童基金(UNICEF)
国際協力機構(JICA) 水をほとんど使用しないトイレの実用化を目指し、ケニアで超節水型トイレ(マイクロフラッシュトイレシステム)の普及促進事業をJICAの支援を受けながら行っています。
ウォーターエイド
Toilet Board Coalition
NPO法人虹色ダイバーシティ

SHARE

in
PageTop