労働安全衛生

SHARE

in

すべての従業員の安全と健康を守るために、LIXIL共通の労働安全衛生マネジメントシステムを構築するとともに、 適用範囲の拡大を進めます

考え方

LIXILは、グループ企業行動憲章に「働くすべての人の安全を優先し、労働災害のない働きやすい職場を実現するとともに、心とからだの健康づくりを推進」することを掲げています。労働災害ゼロ、職業性疾病ゼロを実現するための取り組みとして、労働安全衛生マネジメントシステムを導入し、労働災害の未然防止に向けたPDCAサイクルを回しています。また、従業員の健康増進により企業価値向上を目指す健康経営を推進しています。

体制

全社共通の労働安全方針や安全コアルール、内部監査の実施など、OHSASに基づいた労働安全衛生マネジメントシステムを運用しています。GROHEではOHSAS18001を取得しており、北米4拠点ではOHSAS18001からISO45001への移行を目指しています。

グループ全体の労働安全に関する活動を推進するため、月次で経営層に対して、パフォーマンスと取り組み内容についての報告を実施しています。また、事業所ごとに安全衛生管理体制を運営し、テクノロジー/事業所単位での「安全衛生委員会」を開催しながら、労働安全衛生に関する課題の共有・協議を行い、継続的な改善につなげています。

労働災害の発生状況

LTIFR・強度率のグラフ
OIFRおよび労働災害死亡者数のデータ

健康経営の推進

LIXILは、活気ある職場づくりを実現する上で、従業員一人ひとりが心身ともに健康な状態であることが重要と考えています。すべての従業員が、健康で活き活きと活躍できる環境を整えることを目指す「健康経営宣言」の下、健康経営を推進しています。

健康経営推進のための組織体制

LIXILでは、会社と健康保険組合相互の資源を生かして従業員の健康保持増進を支援するため、2015年からLIXIL健康保険組合と協働で「LIXIL WELLNESS」を展開し、以下の活動を積極的に行っています。

• 一人ひとりの健康意識を高め、自己健康管理意識を向上させる
• 多くの人に疾病予防及び健康増進の機会を提供する
• 健康に配慮した快適職場環境を整備する

これらの活動を実践するために、保健師が各拠点の人事総務と産業医のパイプ役となって連携しながら、従業員の健康サポート体制を構築しています。

「健康経営宣言」と組織体制、取り組みの詳細はこちら(別画面が開きます) >

従業員配布パンフレット

従業員配布パンフレット

健康経営優良法人に認定

LIXILは、「健康経営優良法人2020」に認定されています。

健康経営有料法人2020のロゴ

SHARE

in
PageTop