働きがいのある職場

SHARE

in

「やりがい・働きがい」のある職場づくりを推進し、企業文化の浸透を図るとともに、労使間の風通しの良い風土を全社で醸成しています。

考え方

LIXILは、職場のD&Iを推進し、会社に誇りを持って一人ひとりが高い生産性のもと持てる力を最大限に発揮できる環境づくりに取り組んでいます。

国内事業の活性化に向けた施策「変わらないと、LIXIL」の取り組みのもと、働き方改革に力を注ぎ、従業員が働きやすい職場づくりに向けて、有休取得の推進や育児・介護を支援する制度の拡充を図ってきました。

また、従業員がやりがいと活力を持ち続けられるよう成長志向のマインドセットの醸成や実力主義の徹底を目指して、2022年3月期は、資格・等級制度や人事評価制度、報酬体系などの見直しに向けた準備を進めてきました。2023年3月期以降、人事制度を進化させていきます。

体制

急速に変化を続けるLIXILが、One LIXILとしてさらなる成長を遂げるために、各組織の現状を把握し、従業員の声を反映しながら、トップダウンとボトムアップの両面から仕組みづくりや職場環境の改善を進めています。

柔軟で多様な働き方の推進

LIXIL国内では、個々の状況に応じて、多様で効率的な働き方ができる制度や環境の整備を進めています。

働く場所・時間の柔軟化を進める制度改革

2021年3月期には、コロナ禍における新しい働き方として、在宅勤務をはじめとしたテレワーク制度をより柔軟に活用できるよう変更しました。また、従来のフレックスタイムのコアタイムを廃止し、今まで以上に従業員が主体的に働く時間を選択できる「スーパーフレックス制度」を導入しました。

LIXILは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が収束した後も、従来の画一的な働き方には戻らず、柔軟性のある働き方を継続していきます。これに伴い、2022年3月期は、従業員の職種や職場環境に応じて在宅型か出勤型かを定め、諸手当の整備を行いました。

さらに、従業員の自律性を重視した多様で柔軟な働き方の実現に向けて、副業制度を正式に導入しました。

ライフステージに合わせた働き方を支援

出産・育児・介護など多様なライフステージに合わせた働き方ができるよう、様々な制度を強化しています。

仕事と家庭の両立支援 >

「コミュニケーションの場」としてオフィス環境を整備

LIXILが推進する働き方変革に合わせて、オフィスをよりコンパクトに、かつ人と人をつなぐコミュニケーションが生まれるような職場環境を整えることを目的に、本社の移転を予定しています。オフィスはコミュニケーションとコラボレーションを行う場であると位置付け、新しいアイディアの創出や業務の効率化につなげていきます。

本社移転によりLIXILの働き方変革をさらに進化 >

従業員の成長を促す仕組みづくり

LIXILは、年齢、性別などに関係なく、誰もが能力を最大限に発揮できる環境を整え、従業員の成長を後押しできるよう「イノベーションを推進する成長志向のマインドセットの醸成、実力主義の徹底およびD&Iの推進」を目的に国内で人事制度改革を進めています。

2022年3月期は、「チャレンジを加速させる資格・等級制度」「人と組織の成長へつながる人事評価制度」「成果に応じた報酬体系」「ウェルビーイングの実現をサポートする福利厚生制度」を重点項目とし、制度改定に向けた検討を進めてきました。第1段階として、2022年4月には、管理職における等級制度・報酬体系を見直し、従業員の能力・成果に応じたシンプルでわかりやすい制度に更新しました。

また、従業員のウェルビーイングをサポートするため、旅行や自己啓発など様々な福利厚生メニューに利用できるポイント制度の導入や、より安心・安全に働くための諸制度の改定を行いました。

従業員の「声」を聴く仕組みづくり

2022年3月期に従業員のエンゲージメントを高めることを目的に、「従業員エクスペリエンス」(従業員が組織の中で体験するあらゆる価値経験)に注力した取り組みを開始しました。従業員が会社を好きになる・働きがいを感じるプロセスや経験を把握するために、その声に耳を傾ける「Employee Listening」戦略を展開し、改善に向けた施策を実施しています。

その一環として、LIXILは2015年から全従業員を対象とした意識調査を始め、調査結果を反映しながら職場環境の改善を行ってきました。2021年3月期には、「変わらないと、LIXIL」を通じて働き方や顧客志向などの変革が進む中、従業員のニーズをより迅速に把握し対応できるよう、デジタル変革を進めた新ツールによる調査「LIXIL VOICE」に刷新し、調査回数も年2回としました。2022年3月期は、従業員エクスペリエンスの観点を組み込んだ調査に変更し、エンゲージメント、インクルージョン、ウェルビーイング、継続勤務意向を新たなKPIに設定しました。

2021年9月に実施された調査では、回答率85%と過去3回の中で最も高い結果となり、エンゲージメントのスコアも前回調査から上昇しました。一方、エンゲージメントスコアが比較的低い営業所・工場などにおいては、CEOの現地訪問を通じた現状把握や、各事業所の就労環境整備に向けた取り組みも進めています。従来は結果分析に数ヵ月を要していましたが、LIXIL VOICEでは結果の即時分析が可能となりました。これにより、これまで以上にスピーディーにアクション、問題解決が行えるようになりました。

調査結果を踏まえた上で、全社共通の課題や施策については人事部門が主導となり実行を進めています。各部門においては、チームの調査結果を確認するためのダッシュボードを各マネージャーに配布するほか、世界中のマネージャーを対象としたトレーニングを行うなど、部門単位で質の高いアクションを実行できる体制を構築しています。

LIXIL Behaviors(3つの行動)浸透のために

LIXILのPurpose(存在意義)は持続的な成長に向けて、よりアジャイルで起業家精神にあふれた企業になるための取り組みを続け、意思決定を行う際の指針となるものです。LIXILでは、Purposeの実現に向けて、従業員一人ひとりが日々の業務の中でどのように考え、行動すべきかを示したLIXIL Behaviors(3つの行動)の社内浸透に向け、全社で取り組んでいます。

例えば、社内SNS上のグループ「LIXIL Behaviors(3つの行動)」に経営陣や従業員が「自身の考えるLIXIL Behaviors」について投稿し、理解度を深める活動をしています。

また、LIXIL Behaviorsを体現し、推進するアンバサダーとして、120人以上の従業員が活動に自発的に参加し、ワークショップや交流会などを通じて、浸透のための仕組みづくりを企画・実施しました。その一例が、聴覚に障がいを持つ従業員が中心となって企画したハンドサインです。LIXILでは障がい者就労支援センター「NIJI」を開設し、多様な人材の活躍を推進していますが、聴覚に障がいのある方にもLIXIL Behaviorsを知ってもらう機会として、3つの行動を表すハンドサインをつくり、国内拠点向けに動画を作成・配信しました。

PurposeとBehaviors >

LIXILのPurpose(存在意義)とBehaviors(3つの行動)

LIXILのPurpose(存在意義)とBehaviors(3つの行動)

過重労働の防止

LIXILは、効率的に高いアウトプットを出す働き方を重視しています。トップ自らが旗振り役となり、長時間労働の撲滅と仕事と生活の健康的なバランスの実現による生産性の向上を進めています。

また、効率的に働く意識を高めるため、時間管理に関する情報発信を行っています。労働時間の定義を明確にすることで、時間管理の質向上につなげています。

長時間労働者に対しては、産業医による面談を実施し、心身に不調を引き起こすことのないよう予防に努めています。有給休暇については、5日連続で取得できる「ゆとり休暇」や記念日に利用できる「メモリアル休暇」の取得推進を行っています。2022年3月期は、コロナ禍における外出制限の影響などから、有給休暇の取得日数は従来よりも少ない状況ですが、在宅勤務やITインフラ整備が進んだことにより、時間外労働は以前より大幅に減り、生産性向上や柔軟な働き方につながっています。

一人当たり月平均時間外労働時間

一人当たり月平均時間外労働時間のグラフ

有給休暇利用状況 一人当たり年間取得日数

有給休暇利用状況 一人当たり年間取得日数のグラフ

労使関係

LIXILは、労使双方が信頼関係を築き、良好な職場づくりに努めることが、会社の業績向上とやりがい・働きがいのある職場の実現につながると考えています。LIXIL原籍の正社員を対象としたユニオンショップ制による労働組合を結成しており、組合加入率は100%(2022年3月末時点)となっています。

労使基本協定には、安全・衛生・作業環境に関する事項が含まれており、労使協議においては、経営状況や労働条件、安全衛生などに関する諸課題について、定期的に情報共有や議論の場を持ち、課題解決にあたっています。

また、労働組合はLIXILで推進している人事制度改革についても課題認識を共有しており、労使一体となり取り組みを進めています。協議を経て労働条件や各種制度が導入・改定された際には、社内イントラネットや人事部門を通じて浸透を図るほか、労働組合も独自にポイントをまとめた「ユニオンガイド」を全組合員に配布するなど、労使が協力して周知活動を行っています。

地域社会における雇用の創出

LIXILの国内工場では、地域の高等専門学校、高等学校から採用を行い、操業地域における雇用拡大につなげています。

工場における地域採用状況

工場における地域採用状況のグラフ

従業員関連データの範囲および詳細 >

SHARE

in
PageTop