資源の循環利用の促進

SHARE

in

原材料の調達から製造、使用・廃棄までの製品ライフサイクル全体において、原材料の持続可能な利用や資源循環の取り組みを、全社で推進しています。

考え方

LIXILは、「CO2ゼロと循環型の暮らし」を掲げる環境ビジョンの実現に向け、「資源の循環利用を促進」を重点領域の一つに定めるとともに、重要課題の優先項目に位置付けています。さまざまな資源を活用しています。限りある資源の持続的な利用を見据えて、金属・木材・樹脂・セラミックなどの原材料の調達から製造、使用されている間や役目を終えた後までを考慮した循環型のものづくりを推進しています。2021年3月期に発表した「LIXILプラスチック行動宣言」のもと、プラスチックの使用量削減や循環利用、代替素材の開発にも取り組んでいます。

製品・サービスを通じた取り組み

LIXILは、再生原料の活用や製品寿命の長期化、再利用に配慮した設計、既存製品の一部を交換・更新できる機能部品の提供、必要なときだけ使えるサービス型製品の拡充などに取り組んでいます。 EMENA地域においては、GROHEブランドの製品を対象に環境製品宣言(EPD)を導入し、製品のライフサイクルや環境負荷について透明性が高く比較可能な情報を提供しています。EPDはいわゆる「製品パスポート」の一種です。ライフサイクル全体でEPDが必要とされる建物の建設時には、建物内に恒久的に設置されるすべての製品についてデータが必要になります。GROHEブランドでは、主に第三者との共同事業において、製品パスポートが使用されています。

これらの取り組みを通じて、製品のライフサイクルで投入される資源やエネルギー消費量の削減や、廃棄物の削減を実現しています。

リサイクル素材を活用した製品開発

• 「Cradle to Cradle®」認証製品(GROHEブランド)

原材料の安全性、原料の再利用、再生可能エネルギー利用とCO2排出管理、責任ある水管理、社会的な公正さの5つの条件を満たした4つの製品が、国際的な環境認証「Cradle to Cradle®」のゴールド認証を取得しています。 GROHEブランドでは、廃棄物の再資源化率は99%以上に達し、真鍮の最大80%にリサイクル材を使用するなど、長年にわたりサーキュラーエコノミーの実現に取り組んでいます。

GROHEブランドのCradle to Cradle®認証製品(英語/別画面が開きます) >

Cradle to Cradle🄬認証製品

Cradle to Cradle®認証製品

• 樹脂窓「EW」(TOSTEM)

熱を伝えにくい樹脂を素材に採用し、樹脂フレームの空間を分けることで熱の伝わりを抑制する多層ホロー構造や、トリプルガラスなどの高性能ガラスにより、世界トップクラスの断熱性能を実現しています。引き違い窓では、従来品と比較しリサイクル材の使用箇所を増やす設計により、製造工程で発生する樹脂の端材などの使用率が3倍に向上しました。また、フレームと合わせて、材料の再生利用が可能な樹脂ラッピング材を使用しています。

※S仕様の場合

EW断面図(青色部位にリサイクル材を使用)

EW断面図(青色部位にリサイクル材を使用)

• 人工木デッキ「樹ら楽ステージ木彫」

再生プラスチックや木質建材の加工工程で発生するMDF木粉を使用した、100%リサイクル素材による製品です。

資源循環型製品(別画面が開きます) >

樹ら楽ステージ木彫の施工イメージ

樹ら楽ステージ木彫の施工イメージ

アップグレード可能な設計

• 取り換え浄水スパウト

LIXILの一部のキッチン用水栓では、スパウト(吐水口部分)だけを後から浄水機能付きスパウトに取り替えられるように設計されているため、使用後の水栓の廃棄も少なくすることができます。

アップグレード対応製品(別画面が開きます) >

浄水栓へアップグレード

浄水栓へアップグレード

レンタル・リースで資源・廃棄物削減

• 可動式アメニティブース「withCUBE」

大掛かりな工事を必要とせず、最短1日でトイレの設置が可能で、簡単に撤収もできるため、物流センターなどの施設が抱えるトイレの課題を改善しています。様々な場所で簡単に設置・撤収ができるトイレ空間を、レンタル・リース契約で提供することで、製品のライフサイクルで投入される資源やエネルギー、廃棄物の削減につなげています。

※事前準備として給排水、電気工事などが別途必要

withCUBE(別画面が開きます) >

withCUBE施工イメージ

withCUBE施工イメージ

事業活動における取り組み

LIXILは、事業プロセス全体で資源の循環利用を推進しています。生産拠点においては、新規に投入する資源の最小化や、リユース・リサイクルなどの資源の有効・循環利用、廃棄物の再資源化を積極的に進めています。日本・欧州・アジア地域では、廃棄物の再資源化率は9割以上に達しています。また、様々なステークホルダーとの協働により、サプライチェーン全体で資源循環の促進に取り組んでいます。有害廃棄物や大気汚染物質などは、ISO14001に基づく管理システムを構築しています。

生産拠点における資源の有効・循環利用

LIXIL Internationalの水栓金具の製造拠点では、溶解炉での合金精錬工程を内製化しており、GROHEブランド製品の原材料となる真鍮の最大80%は、工場内外から収集したリサイクル材です。またLIXIL国内工場では、新地金精錬などのアルミ製品製造に必要なエネルギーの削減に向けて、市中アルミ資材の再生利用を推進しています。市中アルミ資材の再生利用により、再生利用していない場合に比べ年間約64万トンのCO2排出削減に貢献しています。

またプラスチック資源についても、樹脂窓の窓から窓へのマテリアルリサイクルを目指し、工場内で発生する「端材」のリサイクルシステム構築や分別設備導入など、樹脂材の有効利用・循環利用を推進しています。その他、東濃工場では、壁材施工時に使用する調整用タイルについて、工程改善により切断工程をなくすことで、年間55トンの廃棄物削減、また原材料の使用量も80%削減しました。

タイのラヨン工場とランシット工場では、汚泥、型屑、セラミック屑など埋立処理されていたものをコンクリート原材料として再資源化し、埋立廃棄物量を約22,700トン削減し(2019年3月期比98.2%)、2022年3月期には再資源化率は98.0%まで達しています。メキシコの2つの衛陶工場でも、これまで埋め立てていたセラミック廃棄物や石膏型の再資源化を実現しました。

アルミ溶解炉への原料投入

アルミ溶解炉への原料投入

ステークホルダーとの協働によるサプライチェーン全体での取り組み

名張工場ではバイオマス事業者認定を取得するとともに、木材サプライヤーに森林認証団体への加盟を働きかけた結果、これまで廃棄物として処理していた木屑をバイオマス燃料として売却することができ、2020年4月に木屑廃棄物排出ゼロを実現しました。

トステムタイでは、2022年3月期にタイ工業省が推進するグリーン産業の表彰制度「GREEN INDUSTRY」で最上位のレベル5を取得しました。自社の取り組みに加え、ビジネスパートナーやサプライヤーなどの活動支援を行い、サプライチェーン全体に環境配慮型ネットワークを拡大したことが評価されました。主要なサプライヤー170社とともに、環境影響度を考慮した環境活動を進め、特に環境への影響が大きい14社においては、改善活動を支援したことによりレベル2の取得につながりました。

タイ工業省が推進するグリーン産業の表彰式

タイ工業省が推進するグリーン産業の表彰式

梱包における環境配慮資材の活用促進

LIXILは、梱包資材についても資源の最小化や循環利用、環境配慮型資材の活用などに取り組んでいます。「LIXILプラスチック行動宣言」のもと、プラスチック使用量の削減を推進しています。

• GROHEブランド「Less Plastic Initiative」
2018年よりGROHEブランド製品のパッケージ資材について、プラスチックから持続可能な代替素材への切り替えを進め、毎年3,700万個のプラスチック梱包材を削減しています。

• 国内公式部品通販サイト
「LIXILパーツショップ」のエコパッケージ生分解性のラッピングペーパーやセロハン、麻ひも、紙製の緩衝材、テープが不要なワンタッチ組み立て式の外箱などを活用しています。紙製の緩衝材への切り替えにより、年間2.4トンのプラスチックを削減しました。

• 浄水カートリッジの梱包を紙製に
国内で販売される浄水カートリッジの緩衝材を紙製に切り替えることで、年間3.5トンのプラスチック削減につながる見込みです。

• 100%発泡スチロールフリー梱包への切り替え
メキシコの衛生陶器工場では、2023年3月期より100%発泡スチロールフリーの梱包に転換し、年間125トンのプラスチック削減につながる予定です。本取り組みは、ベトナムなどアジア太平洋地域でも開始しています。

• 地域の梱包材メーカーとの協働によるキッチン天板の梱包の効率化・省資源化(国内)

• 物流部門における製品輸送用のストレッチフィルムの削減・再利用・リサイクルを推進(国内)

SHARE

in
PageTop