気候変動の緩和と適応

SHARE

in

事業プロセスと製品・サービスによる温室効果ガスの排出を実質ゼロにする目標に向け、取り組みを推進します

製品・サービスの省エネルギー、温室効果ガスの排出削減

住まいの断熱性能の向上による冷暖房負荷の軽減、再生可能エネルギーを活用した製品やサービスに加えて、IoTを活用した環境配慮型のライフスタイル、気候変動による自然災害や健康被害へのソリューションを提供します。

LW (TOSTEM)

「LW」は、上下左右のフレームが室内から見えないフレームデザインで、1枚のガラス戸を横にスライドさせ開閉する新発想の窓です。アルミと樹脂のハイブリッド構造、フレームと窓枠のラインを合わせたフレームイン構造により、高い断熱性能(熱貫流率1.00W/(㎡・K))と圧倒的な眺望性の両立を実現しました。熱の出入りを抑制することで、暖冷房のエネルギー消費量を減らし、CO2排出量の削減に貢献します。日経優秀製品・サービス賞2018において日経産業新聞賞優秀賞、建材設備大賞2019において大賞を受賞しました。

※スライディング
16522トリプルガラス(クリプトンガス入り)内外LowEグリーン(5-10-1.3-11-5)JIS A 2102-1およびJIS A 2102-2による社内計算値


商品情報(別画面が開きます) >

施工イメージ フレームイン構造

施工イメージ フレームイン構造

エコフルシャワー(INAX)

家庭のCO2排出量の24%が給湯から発生するため、お湯の節約はCO2排出量の削減に大きく影響します。「エコフルシャワー」は、シャワーヘッドに内蔵した羽根車が、シャワー穴の半分をふさぎながら高速回転する仕組みです。シャワー内の圧力を上げることで、少ない水量でも勢いのあるシャワーを可能にしました。従来水量(10L/分)と比べて最大48%の節水・省エネ効果を実現します。

商品情報(別画面が開きます) >

エコフルシャワー

スマート宅配ポスト(LIXIL)

近年、ネットショッピング等の普及で宅配便の取り扱い量が増加し、再配達に伴う労働生産性低下やCO2排出量の増加が指摘されています。LIXILでは、この社会問題解消に貢献できるIoT宅配ボックス「スマート宅配ポスト」を2018年に発売しました。スマートフォンと宅配ポストが双方向につながることで、荷受けの通知や複数の荷物受け取りなどが可能になりました。2019年に実施した東京都江東区、江戸川区における実証実験においても再配達が減ることによるCO2削減効果が確認できており、今後も商品拡充を行っていきます。

商品情報(別画面が開きます) >

スマート宅配ポスト

ZEHの普及促進(LTSP)

家庭のエネルギー消費量を削減するため、政府は2020年までに新築戸建住宅のうち過半数のZEH化を目標としていますが、普及が進んでいないのが実情です。2017年9月に(株)LIXILが東京電力エナジーパートナー株式会社とともに設立した合弁会社「株式会社LIXIL TEPCOスマートパートナーズ」では、LIXILのZEH建材を採用するお客さまを対象に太陽光発電システムを割賦販売し、同社が余剰売電収入を得る代わりに、お客さまの毎月の割賦支払を実質ゼロにするサービスを提供しています。また2018年よりスタートした、毎月の電気代もお得になる新サービス「建て得バリュー」は、2019年度3月期省エネ大賞にて「資源エネルギー庁長官賞」を受賞しました。これらのサービスを通じて、ZEHの普及促進を図り、お客さまの快適で健康な暮らしの実現と地球温暖化対策に貢献していきます。

※Net Zero Energy House の略。住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現。その上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット) のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅

商品情報(別画面が開きます) >

ZEH建材と太陽光発電システムを組み合わせた販売サービスのイメージ図

事業活動における省エネ・創エネの促進

GROHEのラール工場(ドイツ)LIXILの知多工場(日本)工場やオフィスでの徹底した省エネ活動や、エネルギー効率化に向けた技術開発の推進、再生可能エネルギーの利活用を推進します。

エネルギーの効率化

生産工程における課題の抽出や設備の見直し等、拠点ごとの改善活動を通して、エネルギーの効率化を目指しています。大谷工場では、流量計を設置し蒸気使用量を可視化することで、蒸気漏れ箇所の見える化と改善を行いました。これにより、2020年3月期は、蒸気使用量を44%、CO2を1,089トン削減することができました。下妻工場では、これまで安全上の懸念があり改善が困難だった燃焼炉で、IoT技術を活用した運転状況のモニタリングシステムを導入したことで、適正な運転を推進し、燃料使用量の削減に貢献しました。

北海道物流センターでは、積載効率の悪化とドライバー不足問題という社会課題に対応するため、同業他社との共同運送を開始しました。これにより、協働企業との累積で走行距離を年間55,200㎞削減、CO2の荷主原単位を22.7%削減することにつながりました。また、日本の工場、物流センターでは、照明のLED化を推進しています。すでに95%以上の照明がLEDへの切り替えを完了しています。

LIXILの関東物流センター(日本)

LIXILの関東物流センター(日本)

再生可能エネルギーの利用

再生可能エネルギーを活用することで、CO2の削減に取り組んでいます。

(株)LIXILは日本国内8拠点において、未活用地を利用したメガソーラー発電施設を運営し、再生可能エネルギーの創出と普及に取り組んでいます。全8拠点の年間発電量合計は約33,800MWhとなり、一般家庭の約6,800世帯分の消費電力に相当します。

2020年3月期は、GROHEの工場で全生産拠点における再生可能エネルギー化を実現し、年間約48,000トンのCO2削減に貢献しました。また、LIXIL本社、京都ショールーム、INAXライブミュージアムで使用する電力をすべて再生可能エネルギーに切り替え、年間2,000トンのCO2排出削減を実現しました。引き続き、LIXIL全体で、再生可能エネルギー化を進めてまいります。

LIXILの知多工場(日本)

LIXILの知多工場(日本)

SHARE

in
PageTop