温室効果ガスの排出削減

SHARE

in

LIXILグループは、低炭素・脱炭素社会の実現に貢献する製品・サービスを開発・提供するとともに、事業プロセスにおける温室効果ガスの排出削減を推進します。

※「温室効果ガスの排出削減」「水資源の保全」「持続可能な資源利用」のアクションプランとKPI、目標/実績は共通になります。

アクションプラン ・製品・サービスのライフサイクル全体を考慮した環境配慮設計と拡販の推進
・CO2排出量/原単位の改善
KPI (1)グループ全体の製品・サービスによるCO2削減貢献量
(2)グループ全体の全事業活動からのCO2排出量(温室効果ガスの排出削減)
(3)物流のCO2排出原単位(温室効果ガスの排出削減)
(4)水使用効率 (水資源の保全)
(5)廃棄物等の再資源化率 (持続可能な資源利用)

目標/実績OPEN or CLOSE

  • 2018年3月期 目標

  • (1)グループ全体の製品・サービスによるCO2削減貢献量を2016年3月期比1.16倍にする

    (2)グループ全体の事業所からのCO2排出量を2016年3月期比3.2%削減する

    (3)物流のCO2排出原単位を2016年3月期比2%改善する(温室効果ガスの排出削減)

    (4)水使用効率改善に向け、生産拠点の水リスク評価を実施し、取り組み拠点を選定する (水資源の保全)

    (5)廃棄物等の再資源化率を日本・欧州95%、アジア62%、北米22%達成する(持続可能な資源利用)
    ※(1)には、水資源の保全に関する数値(水の使用に伴う間接的なCO2削減貢献量)が含まれる

  • 2018年3月期 実績

  • (1)グループ全体の製品・サービスによるCO2削減貢献量2016年3月期比1.17倍

    (2)グループ全体の事業所からのCO2排出量2016年3月期比4.8%増加(売上高原単位は0.9%減小)

    (3)物流のCO2排出原単位2016年3月期比1.5%増加(温室効果ガスの排出削減)

    (4)全生産拠点の水リスク評価を実施完了・優先度の高い拠点のKPI・目標の設定完了 (水資源の保全)

    (5)廃棄物等の再資源化率 日本・欧州95%、アジア63%、北米19%(持続可能な資源利用)

製品・サービスの省エネ性能の向上

LIXILグループでは、環境負荷ネットゼロ(±0)を実現すべく、製品・サービスによる環境負荷の低減を定量化するため、「製品使用によるCO2排出量・削減貢献量算定ガイドライン」を策定しています。今後もライフサイクルを配慮した環境設計を一層推進し、製品ラインナップを拡充していきます。

エコフルシャワー(INAX)

家庭のCO2排出量の24%が給湯から発生するため、お湯の節約はCO2排出量の削減に大きく影響します。エコフルシャワーは、シャワーヘッドに内蔵した羽根車が、シャワー穴の半分をふさぎながら高速回転する仕組みです。シャワー内の圧力を上げることで、少ない水量でも勢いのあるシャワーを可能にしました。従来水量(10L/分)と比べて最大48%の節水・省エネ効果を実現します。

エコフルシャワー
従来水量比最大48%

LW(TOSTEM)

2018年発売のLWは、上下左右のフレームが室内から見えない"フレームデザイン"1枚のガラス戸を横にスライドさせ開閉する新発想の窓です。アルミと樹脂のハイブリッド構造、フレームと窓枠のラインを合わせたフレームイン構造により、高い断熱性能(熱貫流率1.00 W/(m2・K))と圧倒的な眺望性の 両立を実現しまし た。熱の出入りを抑制することで、暖冷房のエネルギー消費量を減らし、CO2排出量の削減に貢献します。


※ スライディング16522トリプルガラス(クリプトンガス入り)内外LowEグリーン(5-10-1.3-11-5)JIS A 2102-1及びJIS A 2102-2による社内計算値

(左)LW (右)フレームイン構造
熱貫流率1.00 W/(m2・K)

事業活動における省エネ・創エネの促進

LIXILグループでは、各ビジネス組織が、中期目標に準拠した目標・施策を設定し、事業活動での省エネ・創エネを推進しています。2017年3月期には「バリューチェーンCO2排出量算定ガイドライン」を制定しました。サプライチェーンのすべてのプロセスにおいてエネルギー消費を削減するために、国内の事業所におけるLED照明への切替、エコドライブを推進するシステムの営業車への搭載など様々な活動を進めています。

Scope1,2 CO2排出量

CO<sub>2</sub>排出量

対象範囲:グループ全体(一部を除く)

ステークホルダーと協働した取り組み

みんなでスマイルエコプロジェクト第2弾「THINK HEAT ~考えようヒトと地球にやさしい温度~」

熱中症やヒートショックを引き起こす一因である室内温度と、家庭のエネルギー消費の約25%を占める冷暖房の効率の重要性について、お客さまとともに考える取り組みを実施しています。
全国のショールームで住まいの断熱性・遮熱性を高める商品をお見積りいただいたお客さまに、室内温度と住まいの断熱性・遮熱性への関心を高めるきっかけとしていただけるよう、「LIXILオリジナル温度計」を2018年夏季に配布しました。LIXILオリジナル温度計は国内グループ社員にも配布し、社員自らが室内温度を意識する習慣を身につけることで、行動変容を促します。

LIXILオリジナル温度計

SHARE

in
PageTop