化学物質管理

SHARE

in

LIXILは事業のあらゆるプロセスにおいて、化学物質の適正な管理と環境負荷物質の削減に取り組んでいます。

考え方

2002年の「持続可能な開発に関する世界首脳会議(WSSD)」において、「化学物質の生産や使用が人の健康や環境にもたらす悪影響を2020年までに最小化することを目指す」という合意がなされたことを機に、化学物質管理は世界的に強化されてきました。LIXILでも事業のあらゆるプロセスにおいて、化学物質の適正な管理と、人の健康や環境に影響を及ぼす環境負荷物質の削減に取り組み、人びとの豊かで快適な住生活づくりや、環境汚染の解決に貢献していきます。

体制

LIXIL国内拠点では、製品に含まれる化学物質の適正な管理に取り組むため、Chief Technology Officer 管掌のもと、コーポレート部門である環境・購買・品質部門とテクノロジー部門が連携した体制を設けています。 この体制の下、化学物質の適切な管理・運用、規制動向の把握と対応を推進するため、マネジメント基盤の整備やガバナンスの強化に取り組んでいます。

事業プロセスにおける化学物質管理

LIXILは、事業を行う国や地域の法令・指針(EU RoHS指令、REACH規制など)で規制される化学物質を適正に管理します。

化学物質管理のフロー図

適正な化学物質管理のための指針

LIXIL国内拠点では、製品への含有を禁止もしくは管理する物質と、その取り扱いを規定した管理指針を制定し、製品含有化学物質の適正な管理を進めています。取り組みの強化を目的として2015年に定めた管理指針「LIXIL使用管理物質一覧表」の内容を見直し、「LIXIL化学物質管理ランク指針」として2020年1月に新たに制定しています。また、社内教育の一環として、同指針や最新規制動向の勉強会を開催し、社員への周知と理解促進に努めています。

化学物質情報管理システムの運用

LIXIL国内拠点では、製品含有化学物質管理のための専用システムを導入し、取引先からの製品含有化学物質情報の収集や社内データ蓄積、お客さまへの情報提供など、適正な情報管理に努めています。

化学物質情報管理システム

環境負荷物質の削減への取り組み

新製品の開発においては、社会からの削減要請が強い製品から優先的に、原材料・資材に含まれる環境負荷物質の削減に取り組んでいます。既存製品についても、取引先との協働のもと、環境負荷物質の代替を進めていきます。

SHARE

in
PageTop