多様性の尊重

SHARE

in

多様な従業員の英知や視点を活かし、 成長とイノベーションの原動力とする製品やサービスなどを通じて、年齢、性別、 障がいの有無を問わず、すべての人びとの生活の質の向上に貢献します

多様性の尊重に関するハイライト

背景

世界各地で高齢化が進んでいます。2050年には人口の5人に1人が60歳以上となり、その多くが単身あるいは夫婦のみの高齢世帯になると予測されています。また、現在、世界の約15%の人が何らかの障がいを持っており、その比率は年々増加しています。

すべての人びとが活躍できる持続可能な社会の実現に向け、高齢者や障がい者をはじめ、様々な人の生活の質の向上に貢献する製品やサービスの開発が期待されています。LIXILでは、すべての人の暮らしやすさに配慮したユニバーサルデザイン(UD)への取り組みに注力しています。UDは、年齢や使用言語、性別、障がいの有無や使う人の能力などに関わらず、より多くの人が利用できることを目指す考え方です。また、UDの推進を含む成長とイノベーションの原動力として、多様な従業員が持つ英知や視点が重要だと考えています。

考え方・戦略

LIXILでは、2030年までにLIXIL全体にインクルージョンの文化を定着させ、ジェンダー不均衡を是正する目標を達成します。そして、2030年までに、すべての製品がLIXILユニバーサルデザインコンセプトに基づいたものとなることを目指しています。

※日本国内で提供する製品・サービスが対象

D&I戦略

組織全体としてさらなるD&I推進に取り組むため、2021年3月にD&I戦略を策定しました。
D&I戦略では、ジェンダー不均衡に関する社会や組織の現状や、消費者の購買意思決定や組織運営などにおいて女性が重要な役割を担っていることなどを踏まえ、特にジェンダー不均衡の是正に焦点を当てた目標や施策を、下記のとおり策定しています。今後はこれらに沿って、各拠点でより具体的な計画の策定と実行に取り組むとともに、ジェンダーをはじめとする様々な多様性を踏まえた施策を推進していきます。 

LIXIL D&I戦略

ジェンダーの不均衡を是正する取り組みにより
2030年までの達成を目指す組織横断的な目標:

  • 取締役及び執行役の50%を女性とする
  • 全世界の管理職の30%を女性とする
  • 日本の新卒採用を男女同率とする

ユニバーサルデザインプロジェクト

LIXILでは、2018年3月期より経営層からなる検討委員会を発足し、会社横断の多様なメンバー(デザイン、マーケティング、技術開発、広報)でのワークショップを通じて、進化したUDコンセプト「わかりやすい」「使いやすい」「安全が安心に」「愛着がわく」の4つの軸を掲げました。このコンセプトに基づき、LIXILは今後さらに、子どもからお年寄りまでの一人ひとりが豊かで快適な住生活をおくるために、様々な視点からのアイデアを取り入れた製品やサービスを開発、提供していきます。

LIXILユニバーサルデザインのロゴ
LIXILユニバーサルデザイン方針
LIXILユニバーサルデザイン方針の詳細

商品・サービス事例

座ったままで使いやすいキッチン「ウエルライフ」

(株)LIXILが2018年10月にフルモデルチェンジした車いすに対応したキッチン「ウエルライフ」は、シンクの深さや天板の奥行きを車いすに座った状態で使いやすい寸法にしているほか、ユーザー観察で得られた知見から、車いすでの横移動を安定させる工夫がされています。その考え方は、車いす利用者だけでなく、いすに座って楽な体勢で家事ができるという点で、高齢者など多くの人に好評です。

ウエルライフ(別画面が開きます) >

車いすに対応したキッチン「ウエルライフ」

災害時も「いつもと同じみんなのトイレ」

世界的な気候変動による異常気象がもたらす災害が増加し、さらに日本では大規模地震の発生が予測される中、防災対策がますます求められています。災害時の「し尿処理」の問題は、「水」や「食糧」の確保と同じく、命に関わる重要な課題です。(株)LIXILはその重要性を鑑み、災害時も平常時と同じようにいつも通りに使える新しい発想のレジリエンストイレを開発しました。

レジリエンストイレは平常時から一般的な水洗トイレと同様に使用できます。快適性、清掃性、安全性に配慮した商品で、洗浄水量は5Lです。災害時、水道などのライフラインが遮断された際には、洗浄水量を1Lに切り替えることで、機能を維持したまま使用することができます。災害時であっても老若男女、要配慮者がいつもと同じように使うことができるトイレです。

現在、避難所となる学校や体育館、防災拠点となる庁舎などを中心に提案を進めています。レジリエンストイレという「モノ(商品)」の提供だけではなく、設置台数や運営方法など災害時のトイレ問題全般に関する相談、学校での防災授業の開催など「コト」も支援し、避難所の課題解決に協力しています。

災害時、避難所には多くの避難者が殺到することから、トイレには量的・質的充足が求められます。しかし、レジリエンストイレだけで賄うことはできません。(株)LIXILでは災害用トイレを提供する他社と協働し、国土強靭化に貢献していきます。

平常時は…


平常時は水洗トイレとして使用でき、シャワートイレも設置可能。
洗浄水量は5Lです。


災害で断水が起きたら…


断水時には洗浄水量を5Lから1Lに切り替えて使います。
使い慣れたトイレを断水時も使用するため、安心です。
清掃性や安全性にも配慮しています。


※ 洗浄ハンドルの操作時間が約1秒の場合、操作方法により実際の使用水量は変化します

LIXILのレジリエンストイレについて
LIXILのレジリエンストイレについて

ジャパン・レジリエンス・アワード2019
最優秀レジリエンス賞(企業・産業部門)受賞



SHARE

in
PageTop