水の保全と環境保護

SHARE

in

関係するSDGsの目標 LIXILグループは、調達から生産、流通、製品の使用・廃棄やサービスの利用に至るまで、全てのプロセスにおいて、水、エネルギー、およびその他の天然資源の保全に努めます。

2030年までに、製品・サービスによる環境貢献が、事業活動による環境負荷を超える「環境負荷ネットゼロ」を実現します

背景

世界では水不足が深刻化し、2030年には世界の約47%の人が水不足や安定的に水を利用できない「水ストレス」に直面するといわれています。世界で消費されるエネルギーの約32%は、LIXILの事業領域である建物(住宅24%・商業8%)で使われており、このまま対策を講じないと、建物で消費されるエネルギーは、2050年には2倍以上に膨れ上がってしまうことが予測されています。

世界で消費されるエネルギーの約32%は建物で使われています
ENERGY CONSUMPTION

LIXILの取り組み

LIXILグループは「環境ビジョン2030」を掲げています。2030年までに、技術革新による低炭素・節水といった「製品・サービスによる環境貢献」が、原材料調達から製造、製品の使用と廃棄などサプライチェーン全体の「事業活動による環境負荷」を超える「環境負荷ネットゼロ(±ゼロ)」を実現します。「環境ビジョン2030」を実現するために「温室効果ガスの排出削減」「水資源の保全」「持続可能な資源利用」の3項目を環境戦略重点テーマとして掲げ、2020年中期目標、KPI、アクションプランを策定しました。

NETZERO

2020年に向けた中期目標

課題 KPI 中期目標2020
製品・サービスの環境価値向上 温室効果ガスの排出削減 製品使用によるCO2削減貢献 2016年3月期比1.36倍
事業プロセス全体の環境負荷低減 温室効果ガスの排出削減 製造・販売のCO₂排出量※1 2016年3月期比8%削減
製品使用によるCO₂排出量 事業計画に沿ったKPI・目標の策定と実行
物流のCO₂排出原単位 2016年3月期比5%改善
水資源の保全 水使用効率の改善
  • 全生産拠点の水リスク評価を実施完了
  • 優先度の高い拠点のKPI・目標の策定と実行
持続可能な資源利用 廃棄物の再資源化率
  • 日本・欧州:95%
  • アジア:68%
  • 北米:40%
環境マネジメントシステムの構築 マネジメントシステムの運用範囲 100%
コンプライアンス違反件数※2 0

※1 各事業所が契約している電力会社が公表するCO₂排出係数を用いる
※2 操業停止や罰金を伴う重大な法令違反の件数

SHARE

in
PageTop