水の保全と環境保護

SHARE

in

調達から生産、流通、製品の使用・廃棄やサービスの利用に至るまで、すべてのプロセスにおいて、水、エネルギー、およびその他の天然資源の保全に努めます。

SDGsロゴ(ゴール6、7、11、12、13)
水の保全と環境保護に関するハイライト

背景

2015年に採択されたパリ協定では、産業革命以前からの世界の平均気温の上昇を2℃未満に抑え、1.5℃未満を目指すことが合意されました。その実現のためには、2050年までにCO2などの温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることが求められています。

また、安全な飲料水にアクセスできない人は世界で約8億人と言われ、水資源の枯渇で2050年には世界の40%以上の人が必要な量の水を使えなくなると予想されます。

一方、世界の資源消費量は、2050年までに現在の2倍以上となると言われています。この状況を変えるために、資源を新たに採掘して大量に生産し、大量に廃棄する一方通行の経済から、資源循環型の経済(サーキュラー・エコノミー)への移行が進んでいます。

考え方・戦略

人びとの暮らしは、多くのエネルギーや資源によって支えられています。世界中の誰もが願う、豊かで快適な住まいの実現を目指すLIXILは、地球環境の保全の分野においても、重要な役割を担っています。

LIXILは、住生活に関わる先進技術や知見を最大限に活用することで地球環境に配慮した製品・サービスの提供に加え、自らの事業活動による環境負荷の最小化に取り組んでいます。さらに、様々なステークホルダーとの協働を通じ、持続可能な地球環境の未来に貢献していきます。

LIXIL環境ビジョン2050

LIXILは、2050年を見据えた環境ビジョンを2020年3月期に策定しました。「Zero Carbon and Circular Living(CO2ゼロと循環型の暮らし)」を掲げ、2050年までに、環境分野のリーディングカンパニーを目指し、事業プロセスと製品・サービスを通じてCO₂の排出を実質ゼロにし、水の恩恵と限りある資源を次世代につなぎます。

気候危機などのグローバルな課題・リスクや、SDGs・パリ協定といった国際的枠組みなどとともに、LIXILのCR戦略における3つの優先取り組み分野や事業特性を踏まえ、下記の3領域を、ビジョン実現に向けた重点領域に選定しています。

ZERO CARBON AND CIRCULAR LIVINGロゴ

実現に向けた3つの領域

実現に向けた3つの領域

気候変動対策を通じた緩和と適応

LIXILの製品やサービスのライフサイクル(原材料の調達から廃棄まで)のCO2 排出量のうち、9割以上はエンドユーザーの使用時に消費するエネルギーによって発生しています。LIXILでは、環境負荷低減に努めると同時に、環境に配慮した製品やサービスの提供を通じて2050年までにCO2 排出量実質ゼロを目指します。

また、気候変動の影響による雨量の増加、大型台風などの自然災害、気温上昇などによる被害の軽減に貢献する製品・サービスを提供し、気候変動への適応策を推進します。

水の持続可能性を追求

LIXILは、トイレやキッチン、バスルーム、水栓などを提供する水まわり製品のリーディングカンパニーとして、人びとが水の恩恵を最大限に活用できるよう、グローバルな水の持続可能性を追求していきます。

資源の循環利用を促進

LIXILは、金属、木材、樹脂、セラミックなど、様々な原材料を使用しています。限りある資源の持続的な利用を見据えて、原材料の調達から製造、使用されている間や役目を終えた後までを考慮した循環型のものづくりを推進していきます。

2021年3月期は、「LIXILプラスチック行動宣言」を発表しました。LIXILの全工場および事業所において、プラスチックの使用量削減や循環利用、再生可能な代替素材の開発・活用、環境負荷の少ない製品設計などへの取り組みを加速していきます。

実現に向けた取り組み

LIXILは、2017年3月期から2021年3月期までの5か年の中期環境目標(下記表参照)を掲げ、再生可能エネルギー比率や再資源化率の向上、水リスク管理の実行など様々な取り組みを加速させました(詳細は下記リンク参照)。2022年3月期からは、新たな中期計画に基づき、環境ビジョン実現に向けた取り組みをさらに推進していきます。

取り組みの詳細:  環境 >
目標の達成状況:  アクションプランとKPI >

中期環境目標および達成状況

SHARE

in
PageTop