働きやすい職場

SHARE

in

「やりがい・働きがい」のある職場づくりを推進し、企業文化の浸透を図ることで、LIXILグループを"強くて良い会社"に発展させます。また、労使間の風通しの良い風土をグループ内に醸成していきます。

アクションプラン KPI 2016年度目標 2017年度目標
グループ全体の従業員満足度調査の継続実施
  • グループ全体の従業員満足度調査結果に対するアクション実施率
  • アクション実施率100%(2015サーベイ踏まえ)
  • アクション実施率100%(2017サーベイ踏まえ)
  • 有給休暇取得率(%)((株)LIXIL・日本国内)
  • 有給休暇取得率50%を目指す。((株)LIXIL・日本国内)
  • 有給休暇取得率55%を目指す。((株)LIXIL・日本国内)
労使対話の継続的な実施
  • 中央労使協議会の開催回数(回)((株)LIXIL・日本国内)
  • 定期的な労使コミュニケーションを図るべく、中央労使協議会を年間10回を目安に開催する。((株)LIXIL・日本国内)
  • 定期的な労使コミュニケーションを図るべく、中央労使協議会を年間10回を目安に開催する。((株)LIXIL・日本国内)

人材マネジメントについての考え方

LIXILグループは、「2020年までに世界で最も企業価値が高く、革新的で、信頼されるリビングテクノロジー企業となる」という経営VISIONを達成するために、グローバル競争を勝ち抜くための企業文化づくりと、従業員の活力を増大させる人材マネジメントに取り組んでいます。LIXILグループが目指す企業文化を、「実力主義の徹底」、「多様性の尊重」、「公平な機会の提供」と定義。企業文化の浸透に向けて、人権に配慮し、多様な人材が活躍できる「やりがい・働きがい」のある職場づくりを進めています。

採用については、「LIXIL VALUES」で定める価値観を共有し、自らの行動でそれを示すことができる人材であることに重きをおき、公正な選考を行っています。また、事業のグローバルでの競争力向上やオペレーション遂行のために、様々な国籍の人材の採用や世界各国の現地法人に在籍する人材の活用も推進しています。

従業員意識調査の実施

急速に変化を続けるLIXILグループが、One LIXILとしてさらなる成長を遂げるために、各組織・各社員の現状を把握し、従業員の声を反映しながら仕組みづくりや職場環境の改善を進めていく重要性が一層増しています。
そこで、これまでグループ各社で実施していた従業員意識調査を、2015年度からはグローバルに統一し、LIXILのビジョンへの理解、職場に関する日頃の問題意識、満足度やエンゲージメントについての情報収集を行っています。第1回の調査には、全世界で6万6,000人以上が回答し、90%を超える従業員の声が集まりました。

各組織では、フィードバックされた調査結果から自部署の課題を特定し、改善のためのアクションプランを策定・実行しています。同時に、LIXILグループ全体の共通課題に対しては、部門横断プロジェクトを立ち上げ、改善を進めています。

仕事と家庭の両立支援

LIXILグループは、従業員一人ひとりが能力を十分に発揮しながら、いきいきと働き続けられる職場環境の整備を進めています。
(株)LIXILでは、労使による「ワーク・ライフ・フレキシビリティ検討委員会」を設け、従業員が変化するライフステージの中で高いパフォーマンスを発揮し続けられるよう、出産、育児、介護などのライフイベントに対して、仕事と家庭の両立を支援する制度の充実と風土づくりに取り組んでいます。

出産休暇制度の利用状況

育児休業制度の利用状況

介護休業制度の利用状況

過重労働の防止

LIXILグループは、効率的で生産性の高い働き方ができるよう、労働時間の適正化に取り組んでいます。
(株)LIXILでは、従業員に時間外労働の削減を意識づけるために、毎週水曜日を「ノー残業デー」としているほか、「残業の事前申告制」を導入しています。また、一般社員だけでなく、管理職者に対する始業・終業管理も2015年度より本格的に開始しました。長時間労働者に対しては、産業医による面談を実施し、心身に不調を引き起こすことのないよう予防に努めています。一方、有給休暇については取得率50%以上を目指しており、取得率向上を目指し、各自の記念日に取得できる「メモリアル休暇」などの推進策を導入しています。2015年度の有給休暇取得率は45%になりました。

有給休暇利用状況 一人当たり年間取得日数

一人当たり 月平均時間外労働時間

労使関係

LIXILグループは、労使双方が対等で責任ある信頼関係を築くことが、会社の業績向上と「やりがい・働きがいのある職場づくり」につながると考えています。
(株)LIXILでは、LIXIL原籍の正社員を対象としたユニオンショップ制による「LIXIL労働組合」を結成しており、13,973名(2016年3月末時点)が加入しています。

労使協議においては、経営状況や労働条件、安全衛生などに関する諸課題について、定期的に情報共有や議論の場を持ち、労使一体となって課題解決にあたっています。
労使協議を経て労働条件や各種制度が導入・改訂された際には、社内イントラネットや管轄総務部門を通じて浸透を図るほか、労働組合も独自にポイントをまとめた「ユニオンガイド」を全組合員に配布するなど、労使が協力して周知活動を行っています。

が付されている2015年度のデータは第三者保証を受けています。
範囲および詳細はこちら >

SHARE

in
PageTop