温室効果ガスの排出削減

SHARE

in

LIXILグループは、低炭素・脱炭素社会の実現に貢献する製品・サービスを開発・提供するとともに、事業プロセスにおける温室効果ガスの排出削減を推進します。

アクションプラン ・製品・サービスのライフサイクル全体を考慮した環境配慮設計と拡販の推進
・CO2排出量/原単位の改善
KPI (1)グループ全体の製品・サービスによるCO2削減貢献量
(2)グループ全体の全事業活動からのCO2排出量

目標/実績OPEN or CLOSE

  • 2016年度 目標

  • (1)中期目標(2015年度比1.4倍)を達成するため、CO2削減貢献量算定ガイドラインを制定し、2015年度実績を把握する

    (2)中期目標(2015年度比8%削減)を達成するため、2016年度のCO2排出量を2015年度比1.6%削減する

  • 2016年度 実績

  • (1)製品・サービスによるCO2削減貢献量2015年度比1.08倍。製品・サービスの算定方法を明確化するための「CO2削減貢献量算定ガイドライン」を作成、2015年度実績を算定

    (2)事業活動からのCO2排出量2015年度比5%増。各ビジネス組織にて、中期目標に準拠した目標・施策を設定。原材料の調達から廃棄に至るまでの算定方法を明確化するため「バリューチェーンCO2排出量算定ガイドライン」を制定

  • 2017年度 目標

  • (1)中期目標を達成するため、2017年度の目標CO2削減貢献量を2015年度比1.16倍にする

    (2)中期目標を達成するため、2017年度の目標CO2排出量を2015年度比3.2%削減する
    ※(1)(2)には、水資源の保全に関する数値(水の使用に伴う間接的なCO2削減貢献量および排出量)が含まれる

製品・サービスの省エネ性能の向上

LIXILグループでは、環境負荷ネットゼロ(±0)の実現に向け、製品・サービスによる低炭素化と省エネを進めています。2016年度は、製品・サービスによる「CO2削減貢献量算定ガイドライン」を作成しました。今後はライフサイクルを配慮した環境設計を一層推進し、製品ラインナップを拡充していきます。

LIXIL ナビッシュハンズフリー(エコセンサー付)

LIXILの「ナビッシュハンズフリー(エコセンサー付)」は、自動センサーによって手やモノを感知して吐水と止水を行うタッチレス水栓です。さらに、湯水の使い分けができるエコセンサー機能により、お湯を無意識に使うことがないため無駄な給湯エネルギーを使いません。従来品と比較して、約52%の省エネ、約31%の節水が期待できます。

LIXIL ナビッシュハンズフリー(エコセンサー付)

ナビッシュハンズフリー(エコセンサー付)

LIXIL サーモスL、エルスターS

「空調」のエネルギー消費削減において重要となるのは、住宅における熱の出入りが最も大きい開口部(窓)の断熱性を高めることです。LIXILでは、アルミと樹脂の高性能ハイブリッド窓「サーモスX」に続き、2016年度に普及価格帯における戦略商品「サーモスL」を発売。また同様に、樹脂窓において最高の断熱性能を目指した商品「エルスターX」に続き、普及価格帯の樹脂窓「エルスターS」を販売しています。

サーモスL

サーモスL

ペルマスティリーザ mfree-SCCF

ペルマスティリーザが2008年に開発したmfree-SCCF(moisture free Sustainable Close Cavity Facade)は、環境性・快適性・景観性の3つの観点で高いパフォーマンスを発揮するカーテンウォールです。二重のガラス壁の間に空気を圧縮することで、高い断熱性を実現しました。同製品を外壁に採用するビルは、LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)やBREEAM(Building Research Establishment Environmental Assessment Method)などグリーンビル認証制度で高い評価を得ています。

ペルマスティリーザ mfree-SCCF

HILTI INNOVATION CENTER, SCHAAN | LIECHTENSTEIN
©Bruno Klomfar Fotografie

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及促進

2016年度は、ZEHの推進にも取り組み、2016年10月、外装事業部を「ZEH推進事業部」と名称変更し、2017年4月には、「ZEH設計サポート」サービスを開始しました。LIXILは住宅の断熱性能を上げる高性能建材の提供に加え、ZEH性能達成をサポートする、ビルダー向けの設計サービスを通じて、ZEHの推進に取り組んでいます。

※ Net Zero Energy Houseの略で、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅

事業活動における創エネ・省エネの促進

LIXILグループでは、各ビジネス組織が、中期目標に準拠した目標・施策を設定し、事業活動での創エネ・省エネを進めています。2016年度には「バリューチェーンCO2排出量算定ガイドライン」を制定しました。現在、グループ全体への導入を進めています。

サプライチェーンのすべてのプロセスにおいてエネルギー消費を削減するために、国内の事業所におけるLED照明への切替、エコドライブを推進するシステムの営業車への搭載など様々な活動を進めています。

CO2排出量

CO<sub>2</sub>排出量

対象範囲:2014年度は日本・アジア拠点のみ、2015年度、2016年度はグループ全体(一部を除く)
※(株)LIXILが荷主となっている物流を対象

太陽光発電システムの設置

(株)LIXILは日本国内5拠点において、未活用地や建屋の屋根を利用したメガソーラー発電施設を運営し、再生可能エネルギーの創出と普及に貢献しています。全5拠点の年間発電量合計は約28,900MWhとなり、一般家庭の約5,800世帯分の消費電力量に相当します。2017年4月末から、水口物流センター、熊山工場でも稼働開始しました。

太陽光発電システムの設置

LIXIL知多SOLAR POWER(2016年度年間発電量 約6,700MWh)

高エネルギー効率の熱電併給システムの導入

ドイツ南西部にあるグローエのラール工場では、これまで使用していた非効率な2機のボイラーを廃止し、2016年7月に熱電併給システムを新たに導入しました。電気メッキ工程への熱供給により工場の使用電力の最大30%を供給することができ、年間2,550トンのCO2排出削減を達成しています。
2015年に熱電併給システムを導入したヘーマー工場では、排熱の再利用により電力を最大で15%供給し、年間2,200トンのCO2排出削減に成功しました。
また2016年末までに、グローエ全ての工場および物流センターにおいて、エネルギーマネジメントシステム「ISO50001」 の認証を取得しています。

※ガス等を駆動源とした発電機で発電を行うとともに、その際に生じる廃熱を給湯や冷暖房などの熱源として回収するシステム

生産拠点での省エネ活動

CDP・気候変動質問書

LIXILは2011年よりCDPの設問に回答し、情報開示に努めています。
詳細はCDPのウェブサイトをご覧ください。 >

が付されている2016年度のデータは第三者保証を受けています。
範囲および詳細はこちら >

SHARE

in
PageTop